レスキュー預かりっ子と先住っ子
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2009年06月11日 (木) | 編集 |
毎回ミントに変わりがありませんようにと願いながらドアを開け、こちらを見ている
みんとを見ては安堵する。
鼻がかなり濡れていると、通常は乾いているときの方が心配なのに
じっと鼻をながめ 大丈夫。大丈夫って自分で納得している。

水を替えるのに端に行けば ミントは不自由な足でうれしそうについて来る。
触ってやることもままならないのに、不憫でしかたないです。
ただでさえ 足が悪く 鼻もゆがみ里親様を見つけるのに難しい
それに加えて今度のジステンパーで もし感染していなかったにしても、
さらに門が狭くなってしまったのでは と思うと つらいです。

二階で呼ぶ声も吠えているのでなく、悲しくてないているみたいです。
ダックスの声とは思えないです。
感染してなかったら、ジステンパーで倒れなかったら、
なんとか 障害があっても 優しい家族に巡りあってほしい。
るいとは違い 水も食事も一人でできます。
前足が悪いと ほかに負担がかかり、この先不安があると思います
全部含めて優しく包んでくれる家族が ミントには必要なんです。
それは私ではできません。

私は詳しいことはわかりませんが、犬と一緒に生活をと考えている方が
100として、成犬でもいいと思う方は どのくらいなのでしょうか?
その中から 障害犬をと思ってくださる方は・・・・
本当に一握りの方。
それに対して きっと障害犬は もっともっとたくさんいるのでしょうね。

夕べは お勝手に枕を持っていき るい君に添い寝しましたが 夜中一度も起き上がらなく
今日も横たわっていることが多かったのですが、友達が心配してきて
一生懸命 食事をさせてくれ 夕方から少し がるる~が聞けました。
通常でもMダックスの先住犬の5/1~10/1くらいしか食べてくれません。

病院を予約してあったのですが、少し上向きになってる気がし、
行くだけでもストレスになるのでキャンセルしました。
ただ、いつもならそれでも診察してもらたのではと自分に問いかけます。
今現在感染していないと先生に 言われても、病院に来る子は
抵抗力が弱っている子が多いので 迷惑をなるべく避けたい
っていうのも事実です。

早く時間よすぎてくれ!




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック