fc2ブログ
レスキュー預かりっ子と先住っ子
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
2009年11月30日 (月) | 編集 |
今日は知り合いの亡くなった子の思いについて

211126ココアDSCF0846

この写真に写っているのは 右はうちのTOTOで左は兄弟のココアです。

ココアは今年の6月4日に亡くなりました。

ココアは亡くなるまで誇りたかい子で飼い主さんを
ずっと守り続けてきた子です。
飼い主さんにすごく甘えるんですが 自分の弱いところをみせるのを
嫌がっているようでした。

5年ほど前に 夜の散歩のとき ノーリードで散歩していた
甲斐犬と紀州MIX2匹に襲われ 飼い主の前に立ちふさがり
守るべき 応戦して何か所も噛まれました。
その時にも ココアは飼い主さんには気丈に接しました
すぐに病院に走りましたが 先生には覚悟はしてくれと
言われ 緊急オペ

奇跡的に太い動脈が外れていたためなんとか
持ちこたえましたが 次の朝に面会している最中に
痙攣をおこして意識不明になりました。

もうだめだと みんなが思っていましたが
ココアは飼い主さんの所にもどってきました。

ココアはまだ飼い主さんを置いて死ねないから
もう少し時間をくださいと神様に頼んだのではないか
なと思います。

今 死んだら飼い主さんは きっと自分を責め続けるから
僕は生きるんだ


強い子でした。
頭のいい子でした。

わんこ縮小DSCF0257


もちろん飼い主より自分が上だとも思っていました
彼は 人に対して噛みつき犬でもありました。
それから自分より上か下かの判断もすぐできるみたい。
訓練所にも行きましたが、とても頭がよいこだと
わんちゃんは好きでしたが上手に仲間にはいる
ことができない子
211126ココアDSCF0857


ちょっと情けない飼い主と 私も思っていましたが
だからこそ ココアは一生懸命飼い主を守って生き抜いた。

その後大きな病気をすることなくとても元気で過ごしてきた
ココアが突然具合が悪くなり あっという間に亡くなりました。
亡くなった日の朝から 入院で夕方飼い主さんと面会に
行った時も それまでぐったりしていたそうですが、力を
振り絞って大丈夫だよといってくれてるみたいでしたが、
夜11時半頃電話が先生からあり 亡くなったと。

ココアをどれだけ愛しているか その人にとっての
ココアの存在の大きさを知っていらっしゃる先生は
付いてきてあげれないかと・・・

最後まで飼い主さんを包んでいた子

亡くなってずっと傍にいてとドライアイスで包み
腐敗しても一緒にいたいと・・・
情けない飼い主でごめんねと何度も語りかけて
いました。


そんな飼い主さんのパートナーとしてきたのが
サラ(サブ仙人)
211128ココアIMG_0764


はじめの顔の雰囲気がココアに似ていても
あらたの性格がココアに似ていても
サラだったんです。

自分の役目を終えたココアが 今度は
飼い主さんを守る子ではなく
飼い主さんを支えてくれる子をえらんだんです。
もう飼い主さんに後悔をさせないように・・・

サラはココアからバトンを受け継いだんです。

そこで運命が大きく変わり
サブちゃんをという希望者様が
あらたとはじめを家族に迎えて下さいました。

ひょっとすると
ココアとヨーキーちゃんが結託して
神様に頼んでくれたとか・・・

亡くなった子達が 天国で目を細めて笑って
いるような気がします。ありがとう。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ


ワンコ押してもらえるととうれしいです






スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
すてきなお話ですね
お星様になった ココアくんとヨーキーちゃんが
地上に残してきた 家族を心配して
おこした 奇跡ですねv-354
鳥肌がたっちゃいます

「神様 ありがとうございます!  次に続く仔たちもよろしくお願いします」
って お礼を言いたい気分です

外は寒いけど あたたかいきもちになりました

2009/11/30(月) 21:10:42 | URL | みかん #-[ 編集]
Re: みかんさんへ
> 絆が深いほど
> 残した者が心配なんでしょうね
> 今回のサブ あらた はじめの親子は
> 本当に素敵なプレゼントを亡くなった子達と
> 神様からもろえちゃったみたいです。
>
> 私がお願いしても神様聞いてもらえるかな~
> (無欲じゃないから無理だよな きっと)
>
> 番外編ですが
> ココアとTOTOは4匹の兄弟で
> 飼い主さんが残した女の子は やはりノーリードの散歩中の
> わんちゃんに襲われ 去年飼い主さん守って亡くなっているんです。
> (サラママさんは この時も私と一緒に泣いて
>  この兄弟って そういうさだめなのかな?って)
> TOTOはのほほん家族のボスとして 私とみんなを守ってる?
>
> みかんさんは どんな子と繋がっているのかな~
2009/12/01(火) 12:07:41 | URL | あくびママ #-[ 編集]
どんだけ泣ける話なんですか!!!!
なんて兄弟やぁ~~~ちくしょ~め~~ノーリードーー!!怒
我が家の2匹も、そんな風に私をかばってくれるかな?
いやぁ~~なさそう(笑)とりあえず、ここさんは颯爽と逃げて行くかも。
るーも我関せずで・・・なんてなったら違う意味で泣くっっっ。
2009/12/01(火) 17:28:20 | URL | ルカここママ #-[ 編集]
ルカここママさんへ」
ここちゃんは 私にもあの恩返し?を下さった大物
間違えなく逃げるのでは?でも尻尾振って友達になろうとするかも!

ルカちゃんは おっしゃる通りかと
ずっと事が収まるのを傍観していそうですね(笑)

いかがですか?
もう1匹厳ついのを家族に迎えては?
2009/12/01(火) 19:23:52 | URL | あくびママ #-[ 編集]
昨日この記事を読んだときは、泣けてきて鼻水まで
出てきたので、コメント書けませんでした。
ノーリードは、止めていただきたいですね(怒)!

他の方のブログでも、愛犬(元保護犬で、預かりさんちの子に)が
亡くなった後、霊感の強いお友達から、亡くなった愛犬から伝言を
頼まれたと言われ、近況など全然話していなかったのに、今までの
ことを見ていたかの様な友達の話にビックリ!
で、その後も、「眠れない」と悩んでいたら、近所の方が、「うちで
作った果実酒なの、飲むと眠れるわよ。」
その方が下戸なのは、近所では有名!それなのにお酒?
恐る恐る聞いてみたら、「そうなの、頼まれたの」と。
その近所の方も霊感が強いんだそうです。

その方もちょっと(かなり)ドジな飼い主さんで、愛犬が
とっても心配したらしいです。
そして、最後に、その方が背中に温かいものを感じ、
振り向くと、部屋の中に虹が差し込んでいたそうです。
そして、やっと自分を責めることをやめて笑えるように
なったそうです。

こんなに愛犬に想ってもらえると、嬉しくて泣き笑いです!
きっと、虹の国で、「うちの飼い主、ホント世話が焼けるよ!」って
笑っているんでしょうね。
2009/12/02(水) 11:58:40 | URL | けいたん #-[ 編集]
けいたんさんへ
きっと ご主人を守ることが
その子達の愛情の証なんでしょうね。(天国に行っても)

よく上下関係が反対になると
犬がつかれるから可哀相といいます。
確かにそうかもしれませんが ココアが
喜んでそれを引き受けている。

そんな関係でも 私はよしだと思っています
人もわんも 性格がそれぞれ違うんだから
その数だけの 生き方がある。

ココアもそのわんちゃんも 大変だったかもしれないけど、
大好きな飼い主さんを守り続けて
ぜったい幸せだったと 思いたいです
2009/12/03(木) 14:05:37 | URL | あくびママ #-[ 編集]
ココアちゃん、絶対連れてきてくれたんだわ!と感じました。
うちもね、最愛の子が不慮の事故で亡くなり
あれは私のせいなので、もう絶対に迎えられないと泣いていました。
3ケ月後、寒い2月の雨の真夜中の川沿いに、捨てられていた子が
ベタベタのぼろ雑巾のような体で我が家に来ました。
ジュリアが連れてきたのかなと思いました。
だから、私信じます。
ココアちゃん、強く優しい、とてもとてもいい子だったのですね。
もう涙が出ちゃいました。
幸せになってね。
いいクリスマスを♪
2009/12/24(木) 21:48:16 | URL | まあさ+ #-[ 編集]
まあさ+さんへ
ありがとうございます。
ココアは飼い主さんを置いて亡くなることが
一番心配だったんだと思います。
だからサラちゃんをちゃんと見つけて
今は安心して 天国から見てると思います。

ジュリアちゃんも 泣いて苦しむまあさ+さんを
心配したから そんな形で今の子を迎えれるように
したんですね。
ジュリアちゃんも 素敵な子ですね。

素敵な巡り合い メリークリスマス
2009/12/25(金) 06:13:01 | URL | あくびママ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック