レスキュー預かりっ子と先住っ子
2009年04月24日 (金) | 編集 |
ちまき&ちょっぱー
先日 保健所に3匹の放棄犬をボラの方が引き取りに行くのに同行しました。

1匹は保健所へ里親の方がもらいにいらっしゃり、残り2匹

最初に男の子(ちょっぱー君)をキャリーにいれてくださり、次に連れてみえたのが女の子(ちまきちゃ

ん)、職員さんが 綱をはずそうとしたら威嚇してきました。

「置いてく?」と聞かれ 仲良く暮らしてきたであろう3匹のうちこの子だけ処分される!

とても可哀相で。

帰りに病院により 健康診断もちまきちゃんはエリザベス付けてしかできませんでした。

保健所から出てきた子は 強烈な臭いがするので 家に帰ってどうしても洗ってあげたくて(人間の

都合なんですが)エリザベスを病院で購入して帰りました。

ちょっぱー君は 違う預かりさんのとこらに行き、ちまきちゃんが家に

さ~洗うぞ~ っていきごんでましたが、キャリーケースから出てこない。

逆さにして振っても しがみついてる。

怖くて、怖くてなんですね。 1時間待ってやっと出てきてくれました。

それから30分くらいしたら、自分からお膝にのってきました。

エリザベスカラーは出る番なし!!

2匹ともまるまる太って 大事にされてきたんだと思います。 やも得ない理由があったのかと。

でも、自分で里親を探してあげて欲しかった。

ちまきちゃんは、それからは甘えて甘えて 不憫です。

心を許した人には絶対服従の子です。なにをしても怒りません。 でもそうでない人が触るのはひどく

嫌がります。

改めて 里親募集をかけると思いますが ちまきちゃんの心を暖めてくれる家族がみつかること

祈ってます。

左がちょっぱー君 右がちまきちゃん



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック