レスキュー預かりっ子と先住っ子
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
2017年06月27日 (火) | 編集 |
わんことは関係ないお話です 




みみと文左衛門さんのブログに遊びに行って
スキルス胃がんの方のお話が書いてありました。

一人じゃないよ!応援してるよ!って声だけでもかけてあげられたらと書いてありました。


後悔していることは山ほどある私です。

その中でも悔やんでも悔やみきれない間違いをしています。
主人がスキルス胃がんだとわかり 感のいい人だからうそを言っても
すぐに真実に気づくだろうと主人の兄と話し合い告知するつもりでしたが、

病院に主人の親友が駆けつけてくれて 主人から希望を奪わないでくれと
男泣きされて 告知を断念しました。

その時は 告知をすることをしなくて済んでほっとした自分がいたのかもしれません。

主人は早くに気が付いたと思いますが、
亡くなるその日まで 私に死ぬんだろ? もう長く生きられないんだろ?と聞くことはありませんでしたし、

病気で辛くても私にあたることも一切しないで

ずっと気が付かないふりをして
全て一人で抱え旅立ちました。

あの時 告知してなんで一緒に病気と向かい合わなかったのかと・・・

ごめんね!


私の独り言 主人に届け!!




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
スキルス胃がん
そうだったんですね。
私の姑もそうでした。
そして、夫の弟妹3人が「告知しない」と決めたので、私はそれに従いました。、でも毎週、顔を合わせるのは私で、病院へ行くのも私。
QOLの手術をし、義母にはそれで治ったと嘘を・・・

しかし、義母はだんだん精神が壊れていったと思います
ある先生に相談したら、「治るはずの自分が治らない」このギャップで
鬱になったり、認知になったりするそうです。

母の死後、ある方に「本人には知る権利がある」と言われ
はっとしました。
今でもどうだったらよかったのかわかりません。
ただ、今の医療、告知しないと病院へ通うのも大変ではなかったですか?
特に急に様態が悪くなった時など、夜間外来で、いつものスタッフではない場合、先生やスタッフに「告知してませんから」とこっそり言って回るのに大変でした。
痛み止めの、麻薬にははっきりと袋に「麻」と大きく赤書き。

なにも質問しなかったご主人様は
きっとご自分のことわかっておられたのではないでしょうか?

勝手な想像ですみません。

でも、きっとあくびママさんのことを大事に思っておられたのでしょうね。
そんな気がします。






2017/06/27(火) 16:03:28 | URL | かっぱ #-[ 編集]
かっぱさんへ
主人と一番の思い出は 病院で一緒にお風呂に入ったことです(笑)
見つかったらどうしようって私はビクビクしてたけど主人はケロってしてました。


腹水が溜まって お腹はパンパンだったけど
楽しかった!!(他に何の思い出もないのか?)


大事に思ってくれてたかどうかは???ですが
優しい人でした


・・・なんてのろけてますか?
2017/06/29(木) 19:53:13 | URL | あくび ママ #-[ 編集]
父親の時、私から告知しました。
義兄の時、手術した内容の説明書を見せながら「大丈夫だよな、
説明してくれないか」と先に言われ、嘘の説明をして大丈夫だよ と
とやっとの思いで話しました。
知人の時、「たった今、医者からあと3ヶ月と言われた」と
逆に告知されました。
ご主人に寄り添うあくびママさんから、ご主人はあくびママさんの
多くの声を感じ取っていらっしゃったと思います。
そして、一緒に時を過ごしたのだと思います。




2017/07/01(土) 21:58:29 | URL | #HfMzn2gY[ 編集]
7/1 21:58のコメントで
名前が抜けていました。
みみと文左衛門 です
2017/07/02(日) 06:54:18 | URL | みみと文左衛門 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック