レスキュー預かりっ子と先住っ子
2016年01月03日 (日) | 編集 |
明けましておめでとうございます。

IMG_20160103_123816.jpg

さっさんはと言いますと…
昨年、あまりの口臭のすごさを獣医さんに相談したところ
(口臭だけで、どこで寝ているかわかるほど)
歯石を取ることになり…とりあえず応急処置で削ってもらっていたところ
歯が…2本なくなりまして
残すところ、最後の1本のみとなりました。

歯はなくなったわけですが
口臭もあっさりと消え
さっさん自身も歯がぐらついている時よりもスッキリしているっぽかったんです。

IMG_20160103_123855.jpg

だがしかし!!!!!

ある朝、床の上に血の痕跡が。
事件か!密室で何が!!!
と慌てふためいてたわけですが…
見てみると、さっさんの口からだらだらと血がー!!!!

アワワワワ。
口を開けさせると、まあ明らかに歯周病的な雰囲気だったものの…
大騒ぎして(仕事が休みの親戚を叩き起こし)獣医さんへゴー!してもらいました。

案の定…歯茎からの出血。
フードのふやかし方がいまいちだったらしく
もっと柔らかめでとの事でした…ごめん。

IMG_20160103_123915.jpg

成宮くんがシュミテクトだっけ?なんだっけかのCMに出てるのを見ながら
イケメンでもやっぱ年齢とともにこういうCMが違和感なくなるんだなぁとかぼんやり。
そりゃさっさんも大変だよ。
素人がぱっと見ただけでわかるくらいには歯が悪いしなぁ…。

ラストランナーとなった最後の1本の歯。
ま、正直あってもなくてもどちらでもいいと思うんだけど…。

さっさんの生活見てると
食う・寝るのほかに趣味なさそうだし…。
食べることは大切にしてあげられるといいなと思います。

唯一ともいえる楽しみの食事が苦痛ではあまりに寂しいもんねぇ。

それからお腹のあたりに小さな腫瘍が見つかりました。
年齢も考慮して、とりあえず経過観察中。

保護犬卒業に向けて
願わくばマイナス面は少ないほうがいいんでしょうけど。
病気とか加齢によるリスクって
本犬が望んでるものじゃないんだから仕方ない。

幸せになる道を
年だからとか病気だからとか
つまらない理由で閉ざさせるわけにはいかない。
年取って保護犬であることが
誰より切ないのはさっさん自身。

まだ見ぬ優しい家の家庭犬になろう。

今年こそ!のさっさんにエールをお願いします☆
     ↓↓↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック