レスキュー預かりっ子と先住っ子
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2015年08月16日 (日) | 編集 |
cofuji姉妹(チャイにアズキナコDX)が猫ちゃんを保護されたようなんで転載させてもらいます。

  ↓     ↓

先日、子猫のライチくんを搬送させて頂いたと書かせてもらいましたが、実は保護主は私でした。
kofuji.jpg


人家から数百mも離れたような工場のプラントの中で、配管か排水溝の中に落ち込んでしまって、
鳴いてた様です。
たまたま、工場が停まっていたので、その声が人の耳に届きましたが、普段であれば機械の音に
かき消され、命の灯火は消えていたかもしれません。
litchi150707 2


声の元を探し当てた人が、手の届かないところを道具を使い、何とか引っ張り助けて上げてもらい
ました。
そして、引っ張り上げたはいいものの、どうするか?と迷い、梅雨の最中で雨がザーザーと降る中、
外に置いておけば、「カラスが連れて行ってくれるさ」と言っているのを聞きつけ、保護してきました。

しかし、猫をまともに触った事もない私が、全くどうしていいのか判らず、経験豊富なアニサポさんの
方にどうすればよいか、相談しました。

そして、ちょうどキナの病院に薬を貰いに行くところだったんで、かかりつけ医の先生に、健康診断や
レボリューションをしてもらい、そこでミルクも買おうと思ったら、扱ってなかったのでした。
それから近くのお店に寄り、低血糖にならせてはいけないと、子猫用の粉ミルクを買い、前に何時、
母親からミルクを飲んだのか判らないので、とりあえず口に入れさせようと、幼猫用の液状ミルクを
買ってシリンジに入れて飲ませてみましたが、飲んでくれませんでした。

でも、湯たんぽがわりに入れてた、ペットボトルに垂れて落ちたミルクを舌で一生懸命ペロペロ舐め
てるので、やっぱりお母さんの暖かさが恋しいのかなぁ・・・と切なくなりました。

アニサポさんの譲渡会の時に横でみながら、そう言えば、排泄とかさせてたなぁ・・・と見よう見まねで
オシッコをさせてあげたり、「わー、出た」とやってたんですが、我が家では、さっぱり何ともならない
ので、子猫育てのプロの方に預かって頂き、カリカリ食べれる様になるまで、育てて頂くことになった
次第です。

そしてようやく、離乳食も食べれるようになりましたので、里親さんの募集を開始させて頂きます!
Litchi201507_7-vert 3


『ライチくん 里親募集中』
Litchi201507_3-horz 4


全く、猫が苦手だった私にもすぐに甘えてきましたし、人懐っこいカワイイ子です。
ワンちゃんともニャンコさんともとっても仲良くできます。

右手が白いのもチャームポイントです!
litchi150809.jpg


よろしくお願いしま~す!





助からない猫の命が多い中

カラスにつつかれてしまうかもしれなかった
小さな小さな命が 優しい手が繋がって助かった。

どうか この繋がった輪が

優しい里親様まで 子猫のライチくんを届けてくださいますように!


子猫のライチくん、里親様募集中

よろしくお願いいたします

   ↓    ↓   お問い合わせ先


cofuji姉妹(チャイにアズキナコDX)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック